ホーム  >  会社紹介  >  会社概要  >  会社概要

会社概要

Siglent Technologies ― 中国の主要オシロスコープメーカー

Siglentは国営ハイテク会社で、計測・測定機器製品に特化した研究開発型企業です。 ISO9001:2000国際品質管理システムとISO 14001:2004の環境管理システムの認定取得会社です。 また、Siglentは中国電子計測器産業協会と広東計器下院議員協会のフェロー・メンバーです。

Siglentは研究開発から始まって、2002年に独立した企業組織として業務を行っています。まず最初にデジタル・オシロスコープを開発、マーケットに投入してから、現在では デジタル・オシロスコープ、絶縁ハンドヘルド・オシロスコープ、ファンクション/任意波形発生器、直流電源とスペクトルアナライザー、デジタルマルチメータなど関連する製品を取り扱っています。 最初のデジタル・オシロスコープADS7000シリーズは、2005年に生産を開始し、常に年次成長率の50%以上を保ち、 7年を超える間の最も急速に発展中のDSOメーカーです。 この頃は、Siglentは中国の国内で最も大手のDSOメーカーです。

Siglentには70人以上の研究開発エンジニアと強い総合的な研究開発チームがあります。そして、それはハードウェア部、ソフトウェア部、産業関連デザイン部とテスト部から成って、環境研究室は先進の機器を備えます。 Siglentには、多数の高度なキャリアのある管理と技術的な人員(100%学士または60%マスター)がいます。

革新が会社の成長のためのコア・ドライブで、毎年合計全世界の販売の15%以上を研究開発につぎ込むと、Siglentは考えています。 Siglentにはこれまでたくさんの特許があります、コアテクノロジーの多くが有利な立場にあります。 2005年に、ユニークなEasyHunting 技術は、デジタル・オシロスコープの同じレベルより、2~4倍、精度を増加します。 2010年に、300Mの4チャンネルSDS1000CFデジタル・オシロスコープは、中小企業に対する技術革新基金援助を得ました。 2011年に、SiglentはSHS1000シリーズと命名される絶縁ハンドヘルド・オシロスコープを市場に出しました。そして、それは米国企業によるCH間絶縁技術をブレイクして、技術的ギャップを埋めることに成功しました。

Siglentには、生産管理システムの現代の標準自動ワークショップ、正規化サプライチェーン・システムを一体化に成功しました。 2005年以降、Siglentは先進の完全自動生産ラインを設置して、国際的な先進的生産機器と管理手法を導入しました。 Siglentが採用する、原材料・部品供給元は世界的な有名な企業であり、Siglentが高品質、高いパフォーマンスと高安定度で製品を生産することができる理由です。

工程の連続は、Siglentで厳しくコントロールされます、あらゆるステップが国際的な管理システムの標準と要件を満たすことを確実とします。

今日では、製品の一部がアメリカのUL認証を所得しCE認証を、Siglentのすべての製品は、取得しました。 一方、効率を改善して、製品の品質を保証することのために、SiglentはERPシステムを導入して、現場での7Sの生産管理を採用して、パフォーマンス評価システム、その他を確立しました。

Siglentは、常に電子T&M計器産業に集中して、コア競争力として研究開発に注力し、強い競争を通して絶え間ないテクノロジー革新と厳しい品質管理を保ちます。 同時に、Siglentは段階的にブランド構造を深めます。 Siglentは最適品と常に最も信頼できるパートナーです。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:51 平均点:5.10
カテゴリートップ
会社概要

Copyright © 2018 Siglent Japan. All rights reserved.